瘢痕は傷跡とも呼ばれ、私たちの体の傷の修復過程における必然的な産物です。

私たちの体の一部でありながら、正常な皮膚組織の構造や生理機能を持たず、去印膏正常な組織の活力を失い、異常で不健康な組織で、顔を傷つけるだけでなく、皮膚の正常な生理機能を阻害するので、体の中で不要な部分といえます。

傷が治った後、ほとんどの傷は細い線状の瘢痕でほとんど見えませんが、中には瘢痕組織が過剰に形成されて過形成瘢痕やケロイドになるもの、瘢痕組織に欠陥があり、収縮瘢痕や陥凹瘢痕になるものがあります。

傷跡の治療には、保存的治療と侵襲的治療の2種類があります。

保存的治療としては、ヘパリンナトリウム・アラントイン・ゲル、センテラアジアチカ・クリーム軟膏などの外用薬、シリコンシートやシリコンジェルなどの創傷被覆材、圧迫衣や弾性包帯などの圧迫療法があります。

侵襲的な治療としては、手術、皮膚移植、皮膚剥離、拡張療法、凍結療法、レーザー療法、ステロイド注射、放射線療法などがあります。

保存的治療は、治療に時間がかかるものの、副作用のない外科的治療や外用薬による治療です。 傷跡の治療として一般的なものです。

コンラジピンは、ヘパリンナトリウム(5000IU/u002F100g)、タマネギエキス(10%)、アラントイン(1%)からなる配合剤である。 ヘパリンは、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗増殖作用、組織水和作用があり、コラーゲン構造を緩める作用があります。

タマネギエキスは、炎症性メディエーターの放出を抑制することにより、抗炎症作用や抗アレルギー作用を発揮します。 アラントインは、創傷治癒を促進し、上皮の形成を促進し、組織の水分補給を増加させます。

漢方の適応症は、過形成性ケロイド瘢痕、ケロイド瘢痕、手術・切断・火傷などの事故による二次性ケロイド瘢痕、運動制限や美容上の影響を受けるケロイド瘢痕、デュプイトレン痙攣、外傷による腱の痙攣などの痙攣性ケロイド瘢痕などである。 狭いケロイドの傷跡(萎縮性ケロイド)。